JFEスチール、インドネシアで自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備の操作を開始した

0.0 星 -
から 0 レビュー

PT JFE Steel Galvanizing Indonesia (JSGI)は、JFEスチール株式会社の子会社です。 2016年1月12日、JFEスチールはJSGIがブカシのMM2100工業団地における自動車産業用の冷間圧延とホットディップの鋼板亜鉛めっきの生産のために、自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備(CGL)の操作を開始したとのことを発表しました。以前のスケジュールによれば、このラインは2016年3月に運営し始まるはずが、1月にJSGIが試験生産の承認を取得しました。

冷間圧延とホットディップ生産のための新ラインは年間40万トンの容量を有しています。本ラインは、市場の亜鉛めっきの高まる需要を満たすことができるようを期待されます。この新ラインは、アジアにおいて中国、タイに続いて、JFEスチールの第三自動車用溶融亜鉛鍍金になりました。

他のニュース、Sankyu Indonesia物流センター倉庫の開設

JFEスチールは、自動車メーカーのニーズに応えるために、現地調達及びますます高度化する製品で、世界で一流の技術を活用して、アジアの鉄鋼業の発展に貢献していきます。

レビューを掲載するにはここをクリック


あなたのレビューを提出
* 必須フィールド

関連ニュース