4月にアクシア第2期客室棟が完成します

0.0 星 -
から 0 レビュー

2014年9月、PT. TTL Residences(以下、アクシア・サウスチカラン)が、インドネシアのリッポチカランにオープンしました。アクシア・サウスチカランはリッポカラワチ、豊田通商 、東急不動産の合弁会社として、インドネシアと日本の間には良好な協力関係がある ことを示しました。

アクシア・サウスチカランはインドネシア最大のホテル邸宅の一つです。日本のおもてなしとインドネシアのリラクゼーションの融合をコンセプトに建設されました。

アクシア・サウスチカランは、特に日本人出張者や駐在員のためのホテルとアパートメントのサービスを兼ね備えております。また、日本品質の住居を必要とするすべての人に、数多くの設備とサービスが用意されています。(24時間日本語ヘルプデスク 、24時間セキュリティ、マッサージ、会議室、スーパー、洗濯、日本料理、イタリアンレストラン)

他のニュース、トヨタはインドネシア新工場を発表した

さらなる品質と設備向上を図るため、アクシア・サウスチカランは2016年4月1日にアクシア第2期客室棟をオープンする予定です。 第2期客室棟の完成があと1週間と間近になり、アクシア・サウスチカランはオンライン経由での予約を開始しました。

第2期客室棟の総客室数は225部屋 あり、各部屋は第1タワーに対して小さめですが、シンプルかつ機能的で割安な部屋となっています。 第2期客室棟が完成すると、アクシア・サウスチカラン全体の総客室数は405部屋となります。

レビューを掲載するにはここをクリック


あなたのレビューを提出
* 必須フィールド

関連ニュース