アドウェイズインドネシア、「Blackberry」社との間のパートナーシップ

0.0 星 -
から 0 レビュー

PT. Adways Indonesia会社は株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久)、2011年7月8日に設立した。アドウェイズインドネシア提供スマートフォンアプリマーケティングのサービス、例えば「AppDriver」、「Seads」、「PartyTrack」、国内および海外アプリ開発者のため。今までは、アドウェイズインドネシアは多く既存のクライアントを持っています。 例えば、elevenia、tokopediaなどである。

2016年2月17日、アドウェイズインドネシアはブラックベリーとの提携を発表した。世界中のアドウェイズクライアントにBlackberry Messenger(BBM)広告サービスの提供に関する提携。アドウェイズ標的は「Blackberry」の広告サービスが存在する国でユーザー獲得のための最もコスト効率のよい方法を提供すること。

他のニュース、Toyota Motor Manufacturing Indonesiaが大学で特別講義を実施

「Blackberry Messenger」はそれぞれの町で多くのユーザーを持つインドネシアで人気なアプリケーションです。BBMはチャットや電話サービスだけでなく、広告主にも提供している。広告主は、このような映像コンテンツ、ステッカーや会報。

パートナーシップの間に、アドウェイズインドネシアは革新的なモバイルアプリと高品質マーケティングサービスを提供するビジネスをサポートするために貢献する。

レビューを掲載するにはここをクリック


あなたのレビューを提出
* 必須フィールド

関連ニュース