二社の日系企業によるインドネシアでの事業拡大

0.0 星 -
から 0 レビュー

二社の日系企業が、事業の拡大を計画している。インドネシアという場所には産業を前進させるポテンシャルがあり、事業の拡大にはもってこいの場所だ。インドネシアという場所には産業を前進させるポテンシャルがある。これらの日系企業は、 5,450万米ドル=7,225億ルピア(IDR13,000=1USDの計算)の事業拡大計画を打ち出した。名前も知られていないこれらの会社は、自動車スペアパーツ、産業用ロボット、飲料、医薬品、包装産業への投資を検討している。

最初の投資計画は、自動車スペアパーツの生産能力の向上(現在1,000万米ドルの生産高を2,000米万ドルまで引き上げる)である。そして、最終的には投資額を3,450万ドルのまで引き上げる計画だ。

 

 4月にアクシア第2期客室棟が完成します

投資調整委員会本部のシバラニ・フランキー氏は、これらの日系企業から投資計画に対して前向きであり、現在においても話を進めている。一方で、同氏は、飲料業界に対する投資については、工業団地の場所、製品の申請、雇用等のオペレーションに苦戦する可能性があるとも述べたが、問題が発生した際には 労働省や自治体のBPOM等の関連団体との連携を進めていくとしている。

 

トヨタはインドネシア新工場を発表しました

28,377人もの労働者が従事する427件のプロジェクトへの投資として、今年度の第一四半期においての日系企業のインドネシア国内での投資額は158万米ドルに上った。

によって

レビューを掲載するにはここをクリック


あなたのレビューを提出
* 必須フィールド

関連ニュース